top of page
検索
  • サイト管理者

令和4年度・税制改正大綱<資産課税編>

令和4年度の税制改正(資産税)


(改正1)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置

 

 この制度は、親や祖父母から住宅の取得資金を贈与された際に課される贈与税を非課税とする特例です。期限を2年間延長した上で、次の見直しが行われます。


1.非課税限度額の見直し

 この制度は、富裕層優遇で「格差が固定化される」という批判もありました。今回の改正で、非課税枠が縮小されます。


耐震・省エネバリアフリー 【改正前(R2.4~R3.12)】1,500万円(消費税10%)

【改正後         】1,000万円

上記以外 【改正前(R2.4~R3.12)】1,000万円

【改正後         】500万円


2.適用対象となる既存住宅用家屋の要件

 既存住宅家屋の築年数要件が廃止される一方で、住宅用家屋が新耐震基準に適合していることが要件に加わります。


【改正前】取得の日以前20年以内に建築されたもの(耐火建築物の場合25年以内)

【改正後】築年数要件なし、新耐震基準に適合していること


3.受贈者の年齢要件の見直し

 民法の改正を受けて、贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であった受贈者の年齢要件が18歳以上となります(令和4年4月1日以後の贈与より適用)。



(改正2)非上場株式等に係る相続税・贈与税の納税猶予の特例

 特例承継計画の提出期限が1年延長されます(令和6年3月末日まで)。



(改正3)固定資産税等の負担調整措置

 新型コロナ禍の対策として、令和3年に限り、地価が上昇しても前年度の固定資産税額に据え置く特例が設けられていました。今回の改正で、住宅地は、予定どおり終了し、商業地は税額の据置きはやめ、地価上昇による税額の上昇幅を原則の税額の2分の1の範囲内に抑えることとなりました。


商業地 【改正前(令和3年)】税額据置き 【改正後(令和4年)】税額上昇幅を半減

住宅地 【改正前(令和3年)】税額据置き 【改正後(令和4年)】措置終了


 ホテルや商業施設は、新型コロナの影響が残るため、商業地は継続となっています。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

就業時間外の顧客対応

何が問題か 例えば、仕事用のスマートフォンをオンにしているとき、社内や社外から連絡があれば、それが就業時間外であっても応じる人は少なくないでしょう。諸外国においては、「つながらない権利」に関する法的規制を設けているところもありますが、今のところ我が国ではそのような規制はありません。 この問題を放置することによるリスクには、 ①その対応時間が労働時間に該当し、従業員から残業代の請求を受ける可能性があ

更正の請求と修正申告

申告が間違っていた場合 所得税等の確定申告を行い、誤りに気がついた時には、申告期限内であれば訂正申告を行います。この場合、税務署は後から出した申告書を採用するため、申告書に追加で記載しなければならない事象や別紙を出す等は必要ありません。 申告期限後に訂正をしたい場合は、税額が増える・減るのどちらかで、提出するものが異なってきます。 税が減る時は更正の請求 納付すべき税額が過大、純損失等の金額が過少

懲戒解雇と退職金の関係

両者の関係をどのように考えるか 懲戒解雇の場合に退職金の支給をしないという条項は、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」にも見られるように、一般に広く普及している規定です。しかし、実際の裁判になると「退職金不支給条項」について見解の違いが生じています。 一つは、明文条項がある以上、懲戒解雇となれば不支給が原則であるという見解であり、もう一つは、退職金の性格に挙げられる「永年勤続功労」に関する性

Comments


bottom of page